最近のブログ記事

Powered by Movable Type 6.3.6

WCCF2012-2013 各選手使用感覚え書き【Team-A】 1任期目02

カテゴリ: ゲームプレイ日記 > アーケード > WCCF

投稿日:2014年5月14日

ブログ記事「WCCF2012-2013 各選手使用感覚え書き【Team-A】 1任期目02」の概要用画像

2012-2013Ver排出カード縛りで、合計134戦プレイしました。

度々任期延長をしてきましたが、インターナショナルクラブチャンピオンシップ優勝を一区切りにして辞任。総合成績は以下のとおりです。

監督データ概要

  • 監督レベル:CML C
  • 推定年俸:11億8250万円

チーム戦績概要

  • 134試合消化(残り任期:0試合)
  • 獲得賞金:295億9067万円
  • 今日現在まで、全てCPU戦(店内対戦含む)

フォーメーションと選手一覧

スターティングメンバーのフォーメーション画像
スターティングメンバー
 FW  ロビン・ファン・ペルシー
 FW  ズラタン・イブラヒモビッチ
 MF  本田圭佑
 MF  ダニエレ・デ・ロッシ
 MF  ナイジェル・デ・ヨング
 MF  マイケル・ブラッドリー
 DF  パトリス・エブラ
 DF  セルヒオ・ラモス
 DF  ジェローム・ボアテング
 DF  ステファン・リヒトシュタイナー
 GK  イケル・カシージャス
サブ
 FW  エセキエル・ラベッシ
 FW  アレッサンドロ・マトリ
 MF  ファン・マタ
 MF  ロリク・カナ
 DF  ダンテ

各選手の主観的使用感メモ

ロビン・ファン・ペルシー【WCF】 (2012-2013Ver.)
マンチェスター・ユナイテッドFC
背番号:20

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
フィニッシュワーク

  • 飛び出しの能力、シュートの精密さは文句なし。
  • チームスタイルを発動させなくても個人で打開しようとすることが多く、格上の相手だとドリブルを止められやすいのが難点かも。
  • チェイシングを積極的にするせいか、毎試合スタミナが1試合持つかどうかの状態になるため、個人能力強化はスタミナにすべき?
  • イブラヒモビッチ、本田と黄金連携になった。
ズラタン・イブラヒモビッチ【WCF】 (2012-2013Ver.)
パリ・サンジェルマンFC
背番号:10

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
プレースキック重視

  • ドリブルの突破力とシュート力が驚異的。その他スタミナ以外は全て屈指の強さなのに、なぜあんな値段で売られているんだちくしょう!
  • スタミナが1試合保たない。個人能力強化でも解消は難しそうなので、できればスーパーサブを用意したい。
  • ファン・ペルシー、本田と黄金連携になった。
エセキエル・ラベッシ (2012-2013Ver.)
パリ・サンジェルマンFC
背番号:11

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
ダイレクトプレイ重視

  • スピードもフィジカルもスタミナもある万能型。唯一空中戦が苦手?
アレッサンドロ・マトリ (2012-2013Ver.)
ユベントス
背番号:32

| 個人能力:★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
フィニッシュワーク

  • 基本全てにおいて一定の水準以上の実力を持っているが、フリー状態でシュートを外すことが度々あった。
本田圭佑【JT】 (2012-2013Ver.)
CSKAモスクワ
背番号:4

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
キープレイヤー重視

  • パスミーザボール! パスよりも自身で持っていくことの方が多く、ドリブルは止められやすかったのはちょっと問題。あとやっぱり遅い...
  • 決定力はかなり高い。マグナムショットも健在か。
  • スタミナは数値以上に持続するものの、疲労が蓄積してくるとやはりギリギリになってしまう。
  • ファン・ペルシー、イブラヒモビッチ、デ・ロッシと黄金連携になった。
ダニエレ・デ・ロッシ【BAN】 (2012-2013Ver.)
ASローマ
背番号:16

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
降臨

  • 中盤の万能ぶりは半端じゃない。よほどの格上でなければ負けることは稀だった。
  • 多くの選手と黄金連携になった。キャプテンだからかな?
ナイジェル・デ・ヨング (2012-2013Ver.)
ACミラン
背番号:34

| 個人能力:★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
マリーシア

  • 奪取力はさすがの一言。ボールキープ力もかなり高いので、攻撃面は数値以上に安心して任せられた。
  • 反則はとにかくとられやすかった。「マリーシア」を発動させても、レッドカードは出る。。。
マイケル・ブラッドリー (2012-2013Ver.)
ASローマ
背番号:4

| 個人能力:★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
個人守備重視

  • 任期途中からの加入だったため、初めはカナの控えが多かったが、攻守のバランスや他の選手との連携線がカナよりも良くなってきたため、後半はスタメンでの起用が多くなった。
ファン・マタ (2012-2013Ver.)
チェルシーFC
背番号:10

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
フィニッシュワーク

  • 終始トップ下で起用。飛び出しやシュート力は一級品。ゲームでもすごいっす。
ロリク・カナ (2012-2013Ver.)
SSラツィオ
背番号:27

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★ |
組織守備重視

  • 奪取能力は文句なしだったが、他の選手との連携がイマイチ伸びなかったのは残念。当初からスタメンだったのにもかかわらず、特殊能力がなかなか開花しないのは仕様なのかプレイヤーの手腕不足なのか。
パトリス・エブラ (2012-2013Ver.)
マンチェスター・ユナイテッドFC
背番号:3

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★ |
組織守備重視

  • レアカードから黒に変更したが、特に違和感が無いのは良いのか悪いのか...。
セルヒオ・ラモス (2012-2013Ver.)
レアル・マドリーCF
背番号:4

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
オーバーラップ

  • 安牌過ぎて困ります。正直、他の選手に代える気がおきないです。
  • 唯一の不安はオーバーラップ。相方はカバーリングタイプを選びたいところ。
ジェローム・ボアテング (2012-2013Ver.)
FCバイエルン・ミュンヘン
背番号:17

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
ハードプレスディフェンス

  • カバーリングをしっかりしてくれていたが、MVPやレジェンド級のドリブラーには、あっさり抜かれてしまう場面があった。
ステファン・リヒトシュタイナー (2012-2013Ver.)
ユベントス
背番号:26

| 個人能力:★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
クロス重視

  • レアカードから黒に変更したが、特に違和感が無いのは良いのか悪いのか...。
ダンテ (2012-2013Ver.)
FCバイエルン・ミュンヘン
背番号:4

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
ハードプレスディフェンス

  • 任期終盤に加入。数試合しか出せていなかったので、実力の程は不明。噂によると「ダブルバン」の能力がかなり強いらしいが...??
イケル・カシージャス【BAN】 (2012-2013Ver.)
レアル・マドリーCF
背番号:1

| 個人能力:★★★★★ | 特殊能力:★★★★★ |
組織守備重視

  • 任期終盤で引いた「バンディエラ」バージョン。インターナショナルクラブチャンピオンシップ決勝戦では、PKで値千金のセーブを見せてくれた。

任期終了後に残ってくれたのは、イブラヒモビッチ、デ・ロッシ、リヒトシュタイナーの3人。さて次のチームはどうしようかな。
他にも様々な選手カードを引いているので入れてみたいところですが、今回のチームがすごい安定してたので非常に迷うところ。2012-2013縛りで2チーム作るのも大変ですしねぇ...。

[前回の覚え書き]→WCCF 各選手使用感覚え書き【Team-A(2012-2013縛り)】 1任期目01

登録タグ:
,

コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://nanameshita45.com/mt/mt-tb.cgi/166

コメントの投稿はこちらからどうぞ▼